1. 美眉アドバイザー玉村さん直伝!眉の描き方(コツ)まとめ

All About VOCEST! ヴォーチェスト 厳選されたメンバーでさらにパワーアップ!

田中 千歳

VOCEST! basic 075

スーパー敏感肌のためコスメ選びにはこだわりが!

田中 千歳

少し前になりますが、美眉アドバイザー玉村さんに眉毛をご指導いただける機会があり、

その時教わったことを綴ります。

まずは、玉村さんに描いてもらった眉の写真(正面・横の2枚)

 

 

 

全く同じようにはまだ描けてませんが、だいぶ近づいてきました。

私の眉描き手順。

まずは、ベースメイク、アイメイクを先に完成させる!

今まで眉→アイメイクの手順だったけど、それだと、眉の角度や太さとアイメイクのバランス調整ができないのだとおっしゃっていました。

確かに、アイラインのひき方で結構変わりますよね。

 

①アウトラインを描く

これは、河北さんのやり方を盗みましたw

薄めのリキッドアイブロウでアウトラインを描くと、ミスしなくなりました。

下のラインは、眉頭側から、無心になり、直線平行に!

上のラインは、下のラインに合わせて、まっすぐ直線平行に!

黒目のエンド辺りを起点と眉山を作り、次は目尻側のまぶたと平行になるように下へ。

そうすると、下のラインと自然にゴールがくっつきます。

眉山から眉尻への描き方がいつも不安だったのですが、自分のまぶたの曲線を意識すればいいのか!とわかったら迷いがなくなりました。

 

②眉山から眉下をペンシルで描く

ここの部分は、キリッときっちり描いた方が顔がしまるということで、それを意識しながら、

ぼやっとさせず、キリッと!ペンシルで描きます。

 

③眉中をパウダーで埋める。

眉中は、ふわっと自然に描き足しがベストということで、パウダーで仕上げます。

隙間を埋めていくような感じで、シュッとシュッと。

 

④ブラシに残ったパウダーでふわっとなぞる程度

③の延長で、パウダーを継ぎ足さず、その薄まったブラシを使って、さらにふわっと仕上げます。ここを皆頑張りすぎて、ゴルゴさんになりがちなのだそうです。

(私も今まで眉描きスタートは、ここから始めていたので、自然と濃くなってました。)

✔︎細かなPOINT

●目上に少し濃いめのブラウンを重ねづけする!

毛の密集具合が一番あるべきところになるので、ここに濃いめを足すことで自然な眉のグラデーションを表現できる!

 

●毛流れに沿ってスクリューブラシで馴染ませる。

仕上げに必ずブラシで馴染ませます。毛流れに沿ってサッと。

 

●目頭側は、顔の内側方向にスクリューブラシで馴染ませます。

より自然さが増します!

 

●仕上げは透明マスカラで毛束感だしでよりリアルに!

明るい眉マスカラでトーンアップは少し古いようなので、透明マスカラでよりリアル眉に仕上げるのがトレンド!私もずっと明るい眉マス使ってた一人ですw透明いいですよ!

 

眉の終わりポイントは、下の写真のように、小鼻のとこ、目尻の延長線あたりが良いようです

完成眉がこちら。

玉村先生より薄いけど、形はいいと思う!

最後に使った眉アイテム。

玉村さんの眉が当たり前ながら素敵で、今日の眉マスカラ何を使ってますか?と質問して教えてもらったKETEのほぼ透明マスカラがイチオシです!

苦手なことを克服すると、なんか嬉しい。

眉描くの苦手なんだよな〜って方の参考になればこれ幸い。

 

ではでは〜♫

Have a nice day!

↓↓↓thank you!

instagram chitosetsuru

田中 千歳

VOCEST! basic 075

スーパー敏感肌のためコスメ選びにはこだわりが!

田中 千歳

職業:VMD  年齢:37

1982年生まれ/VMD/東京都在住。一昔前のトレンディ系顔なので古くさい顔にならないように気をつけてます。お気に入りのコスメブランドはACSEINE(敏感肌なので重宝している)。Instagram:@chitosetsuru

カテゴリで選ぶ

  • category_img

    スキンケア

  • category_img

    メイクアップ

  • category_img

    ヘア&ネイル

  • category_img

    スポーツ&エクササイズ

  • category_img

    ライフスタイル

  • category_img

    インナービューティ

  • category_img

    イベントレポート